インプラントの説明

歯科医院で治療

皆さんはインプラントという言葉をご存知でしょうか。今は関係なくても将来に関係してくるかもしれません。今回はこのインプラントについて紹介していきたいと思います。 では、インプラントは何かについて説明していきたいと思います。分かりやすく言うと、無くなってしまった歯の代わりに人口の歯をあごの骨に組み込ませる治療法です。虫歯や事故などで歯を永久に失ってしまった人たちへの治療法です。このようにインプラントはあごの骨に人口の骨を付けるのでかなり高度な外科手術が必要になってきます。なので、歯の治療だからといって安易に病院を選ぶのではなくしっかりと実績があるなどの安心できる病院を選ぶのが大事になってくるのです。

一般に歯の再生治療については、入れ歯やブリッジによるものが普通でした。しかし、現在ではこれにインプラントというものも加わってきました。では、この三つの治療法はどのように違うのでしょうか。 入れ歯は、周りの歯にバネで固定させて義歯をはめ込むものです。これが最も一般的な方法ですが、周囲の歯に負担をかけることや、虫歯になりやすいデメリットがあります。 次にブリッジは、義歯を両側の歯と固定させる方法です。安定感があり不自然な歯となりますが、健康な歯を削る過程が必須であるのでそこがデメリットとなってしまいます。 インプラントは、既に説明したようにあごの骨に埋め込むという手法であるので、天然の歯とさほど違和感がありません。デメリットとしては高度な外科手術が必要な点と費用が高いということが挙げられます。