入れ歯の種類

歯科医院で治療

部分入れ歯には、様々な種類があります。 昔から多くの人が使ってきたのが、保険の部分入れ歯です。 保険の部分入れ歯は、クラスプという金属のバネを入れ歯を支えるために歯に掛けて使います。 ものを噛む能力は、天然の歯の2割から3割程度です。 ほとんどの症例で使用することが出来て、保険が適用される場合が多いです。 治療期間は2週間から5週間です。 保険外のものでは、シリコンの義歯や、コーヌス・テレスコープ義歯、磁性アタッチメント義歯などがあります。 シリコンの義歯は、義歯床の一部がシリコンで作られています。 シリコンは軟らかいため、入れ歯装着時の痛さが緩和されます。 そのため、よく噛めるようになったという人も多いです。

コーヌス・テレスコープ義歯は、残っている歯に金属冠を被せて、その上からはめるように入れ歯を装着します。 機能的に優れているものの、技術的に難しいので、この義歯を提供している歯科医院は多くありません。 磁性アタッチメント義歯とは、残っている歯と入れ歯のそれぞれに磁石を取り付けて、ものを噛む能力と入れ歯の安定感を高めたものです。 部分入れ歯以外の治療法では、ブリッジやインプラントがあります。 ブリッジは、両隣の歯を削って、人口の歯を被せます。 被せ物の材料によっては、保険診療内での利用も可能で、金属のバネがないので見た目も自然に見えます。 最近は、インプラントにする人も多いです。 インプラントでは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、人工の歯を作って美しい歯並びと噛み合わせを回復させます。 インプラントは、天然歯のような自然な歯に見え、取り外しの必要がなく、歯を失う前のように自然にものを噛むことができます